契約書に署名
 住宅ローン返済にお困りの方 

  是非一度弊社にご相談下さい。  

住宅ローンの返済が一定期間以上(おおよそ 3 ヵ月~6ヵ月)行われない状況になった場合、債権者が裁判所に

申し立てを行い、裁判所が抵当権の設定された不動産を強制的に売却する競売にかけられてしまう場合があります。

 任意売却、競売 

不動産が競売にかけられてしまう前に、手を打つ方法のひとつとして「任意売却」があります。以下の該当する場合には任意売却の検討をおすすめします。

1)住宅ローンの返済が厳しくなってきた
 

2)金融機関から督促状が届いている
 

3)周囲に借金が理由で売却していると知られたくない
 

4)競売の申し立てが行われてしまった

抵当権の設定された不動産は一般的には売却することが出来ません。抵当権の抹消を行うためには、ローン残高の一括返済が必要です。しかし、任意売却は金融機関の合意を得ることでローン残高を残したまま、抵当権を抹消してもらい、不動産の売却を行うという方法です。競売とは異なり、不動産の売却方法は通常の不動産売却と同様に行うことができるという特徴があります。

 競売のデメリット 

・売却価格が市場価格よりも低い可能性が高い

 

・競売物件であることが周囲に知られてしまう

 

・債権者に対し返済等に関する交渉ができない

 

・強制的に退去させられる可能性がある

競売の場合、通常の不動産購入とは異なる部分が多くなるため、市場価格よりも低い金額で売却されるケースが多いです。(代金を現金一括で支払 う必要がある、内覧が出来ない、重要事項について説明を受けることが出来ない)等の理由があるからです。また、競売物件として住所などが公表されてしまうため、周囲に隠し通すことが難しくなります。

 任意売却のメリット 

任意売却のメリットは競売と比較して「通常の不動産取引と同じように不動産売却ができる」という点にあります。
主なメリットは以下の4つです。

 

メリット1:自分の意思で売却ができる

任意売却の最大のメリットは自分の意思で売却ができるという点です。競売は売却価格から売却先、売却時期などすべて裁判所が決定し強制的に売却が進められていきます。どすべて裁判所が決定し強制的に売却が進められていきます。

任意売却であれば債権者の合意は必要ですが、通常の不動産売買と同じように進めることが出来ますので、売却価格など売却条件にご自身の意思を反映させることが可能です。価格など売却条件にご自身の意思を反映させることが可能です。

 

メリット2:競売よりも市場価格に近い金額で売却できる可能性が高い

通常の不動産売却と同じように販売活動を行い、不動産を売却していくことになりますので競売物件と比較すると市場価格に近い金額で売却と市場価格に近い金額で売却できる可能性が高いです。できる可能性が高いです。

メリット3:住宅ローンの滞納があることを周囲に知られるリスクが低い

 

自宅を売却する理由は人それぞれですが、競売の場合には競売物件として情報が公開されてしまうため、知られずに売却することは難しくなります。ずに売却することは難しくなります。
任意売却の場合、通常通りに売却をする為、売主が売却を決意した理由まで公表されることはありません。そのため、周囲に「ローンの滞納ため、周囲に「ローンの滞納がが理由理由で売却をする」というで売却をする」という事事を知られるリスクは低くなります。を知られるリスクは低くなります。

  是非一度弊社にご相談下さい。  

TEL 025 - 793 - 1170 営業時間 AM 9:00~PM 6:00 ​定休日 不定休